kubernetesは様々なシステム開発を手助けしてくれる!

メモを書く

アプリ運営におすすめのkubernetes

パソコンを使う

数あるオープンソースソフトウェアの一つに数えられるkubernetesは、複数のアプリの管理や運営を行うのに適しているソフトウェアです。オープンソースソフトウェアとは、誰でも無償で使用することができ、ソースコードも開示されているという特徴があり、ソースコードの改変も自由となっています。アプリやサイトを運営するには、定期的に更新や不具合の修復などを行わなければいけませんが、kubernetesを活用すれば、自動更新と自動修復が可能です。複数のアプリやサイトの運営も、kubernetesを活用すれば非常に効率よく進めることができます。新しいソフトウェアを導入する際には、その操作方法などが不安に感じるかもしれませんが、OSS開発の専門会社では、kubernetesを始め、さまざまなOSSのデモを公開しています。実際にデモを使用して操作方法を確認することも可能ですし、専門会社によっては操作方法やkubernetesの導入の仕方についてセミナーや講座を開いているところもあります。これから新しくkubernetesの導入を検討しておられるなら、まずデモを使用してみると良いでしょう。デモの使用は、専門会社のホームページなどから気軽に申し込むことが可能です。

OSSのデモを触らせてくれるからkubernetesはおすすめ

OSSを有効活用することで、エンジニアの仕事を効率化させられます。なぜならオープンソースソフトウェアを活用すれば、コードを書く手間を大幅に省くことができるからです。そのため小さくない規模のシステム開発を担当するエンジニアの方々には、特に着目してもらいたいサービスです。

たとえばOSSの1つとして知られるkubernetesの場合、デモを使うことによって実際の操作性などをチェックすることが可能です。kubernetesはOSSの開発を専門としている会社ですので、さまざまなOSSのデモを試させてくれます。しかもただ単に試させてくれるだけにとどまらず、操作のやり方なども教えてくれるので安心です。現場で実際に利用してみる前にどのようなものなのかわかりますから、利用するにあたって不安を感じるようなことはありません。kubernetesなら、デモを体験できるということです。

質が高くてクライアントを満足させるだけのシステム開発を行いたければ、それに見合うだけのOSSが必要不可欠です。kubernetesなら期待に応えてくれますし、そもそもデモを触らせてもらえます。その点がkubernetesのおすすめできるポイントです。

kubernetesの概要と導入について

kubernetesはオープンソースソフトウェア(OSS)の1つで、情報システムの基盤技術として注目されるDockerコンテナ群を自動管理します。コンテナに近い概念として仮想化があり、仮想化はベースとなるオペレーティングシステム(OS)上での仮想化ソフトウェアを介して別のOS(ゲストOS)を動作させ、ゲストOS内のアプリケーションを利用します。コンテナは仮想化ソフトウェアで必要な仮想化ソフトウェアとゲストOSが不要となり、システムの可搬性が飛躍的に向上します。
一方、コンテナを作成するには、様々なコマンドやライブラリが必要ですがこれを担うのがDockerです。ただし、Dockerでは複数のコンテナを統合的に扱うことができないため、大人数でシステム開発を行う場合、kubernetesが効果を発揮します。kubernetesの導入により、開発環境の一元管理が可能となり、管理コストが低減できます。しかし、kubernetesは機能が非常に豊富であり、公式ドキュメントを読んでの構築は時間がかかります。構築されたkubernetesの環境を提供する専門業者がありますので、調査の上、導入前のテストをしてみてはいかがでしょうか。

  • ノートパソコン

    kubernetesなどのOSSの意外なメリットとは?ぜひ導入を

    コンピューターシステムでは、処理や作業を行うためにプログラムされたソフトウェアというものが必要になります。このソフトウェアの中には、無料で使用でき、なおかつコンピューター言語で構成されているソースコードを開示している、オープンソースソフトウェアと呼ばれるものがあります。なお、オープンソースソフトウェアは、OSSとも表記されます。一般的には、ソフトウェアは、ライセンスと呼ばれる著作権が適用され…