kubernetesは様々なシステム開発を手助けしてくれる!

メモを書く

ライセンス無償のkubernetesなどのOSS採用でコスト削減

卓上型PC

ソフトウェア開発の現場でOSS(オープンソースソフトウェア)の採用が進んでいます。少し前までOSSが活用されるのは、個人開発のフリーソフトなど限定的なケースのみでした。業務用、事業用にOSSが採用されることはほとんどありませんでした。
最近のソフトウェア開発事情を見てみると状況はガラリと変わっています。開発コストの削減が至上命題とされることが増えている今の現場では、ライセンス無償で開発コストを大幅に削減できるOSSの利用が積極的に進められています。かつては高額のライセンス料を支払って、自前で開発を手がけるのが当たり前だったソフトウェア業界ですが、今ではどれだけOSSをつかって低コストで開発できるかを競争する時代になっています。
ライセンス無償のOSSは、低コストながら性能的には有償ライセンスに比べて見劣りするものではありません。開発現場で広く普及しているkubernetesなどのOSSは機能性も汎用性も非常に優れています。活用事例が増えたことで開発ノウハウやコードの安定性なども進歩を続けています。
導入コストはもちろん、トラブル発生時の対処やサポート打ち切りに対する備えといったランニングコストに関しても削減できるので、総合的なコスト削減効果は大きなものになります。

  • ノートパソコン

    kubernetesなどのOSSの意外なメリットとは?ぜひ導入を

    コンピューターシステムでは、処理や作業を行うためにプログラムされたソフトウェアというものが必要になります。このソフトウェアの中には、無料で使用でき、なおかつコンピューター言語で構成されているソースコードを開示している、オープンソースソフトウェアと呼ばれるものがあります。なお、オープンソースソフトウェアは、OSSとも表記されます。一般的には、ソフトウェアは、ライセンスと呼ばれる著作権が適用され…