kubernetesは様々なシステム開発を手助けしてくれる!

メモを書く

透明性の高いkubernetes等のOSSはバグ等に対処しやすい

握手する

コストの安さや汎用性の高さで注目を集めているOSS(オープンソースソフトウェア)は、自治体など規模の大きなシステムでも採用されるケースが増えています。
開発環境の厳しさが続く中で、OSSに対する期待はますます高まっています。OSSはユーザーが増えるほどノウハウが蓄積されて、発展していくという特徴があります。今後もOSSが普及していくようであれば、さらに使いやすく洗練されていくのは確実です。
あまり注目されていないOSSのメリットとして挙げられるのが、優れた感作性です。これまでのソフトフェアでは、ソースコードが公開されていないのが当たり前でした。開発されたソフトウェアは言わばブラックボックスのような状態です。第三者が脆弱性やバグについて監査しようとしても、手を付けることができないという状態でした。
OSSはソースコードが公開されています。OSSで開発されたソフトウェアは内部情報が明らかなガラス張りの状態であり、知識のある人が扱えば容易に監査できます。
例えばkubernetesで開発されたソフトウェアであれば、担当者が退職してしまってもkubernetesを扱える人材を新たに雇えば、監査を実施して脆弱性やバグに対処することができますし、外部機関に監査を依頼することも可能です。

  • ノートパソコン

    kubernetesなどのOSSの意外なメリットとは?ぜひ導入を

    コンピューターシステムでは、処理や作業を行うためにプログラムされたソフトウェアというものが必要になります。このソフトウェアの中には、無料で使用でき、なおかつコンピューター言語で構成されているソースコードを開示している、オープンソースソフトウェアと呼ばれるものがあります。なお、オープンソースソフトウェアは、OSSとも表記されます。一般的には、ソフトウェアは、ライセンスと呼ばれる著作権が適用され…